天白・元屋敷遺跡論文掲載新刊書のご案内

天白・元屋敷遺跡に関する論文を掲載した本がLOCIから刊行されます。
出版元のホームページから注文できます。
写真は出版元の記事から借用しました。

『地域世界』1
2021年6月1日刊
A5判
本文46ページ
定価700円(本体636円+税)
ISBN978-4-9912051-0-1­­

目次
志段味城の可能性―天白・元屋敷遺跡から湿ヶ遺跡へ―………犬塚康博
天白・元屋敷遺跡の南方を仰ぎみる………内田洋隆
天白・元屋敷遺跡の歴史地理学と「志段味城」………犬塚康博

概要(本書から)
本書に収録した論文3編は、名古屋市守山区中志段味にある天白・元屋敷遺跡を契機にして書かれている。いずれも初出だが、講演原稿を論文化したものを含む。同遺跡をめぐる、2010年代の破壊、調査、保存、活用の体験の小括を企図して編んだ。

http://loci.kustos.ac/?p=498

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする